Masa Hayami
LIFE ART



 

”声” Statement

Multidisciplinary Artist
Life Activist
学術的美術家・アーティスト
ライフアクティビスト





 

 

     163996420_4015492271851179_1014636364710794091_n.jpg      164516232_4015492305184509_4941645761191239977_n.jpg          

Studio スタジオ   TERADA ART COMPLEX /Tokyo Japan 

 

 Her works are in both in digital and in physical.

She has a vast multi-disaplinary practice encompassing painting, drawing, photography, 3dimentional approach, digital art, and painting action /performance. In physical, she uses acrylics, aerosol, natural wood, sand and fabrics on acrylic glass and canvas, and so on. She uses hands ,body, brushes to paint. It depends on her work. She works on her original J・Caliabstract , Sword action paintings.

 

Her ways of approach and production include mixture and blending of physical painting3dimentional, photography, and digital work. Her photographs include daily exist phtographs she takes everyday using her iphone and also sometimes taking herself, human record photographs. Some other resources of her work, like Manga (Anime) eyes are pulled from the internet as well as samurai photographs.

 

 

Masa incorporates Eastern thought and focuses on humanity. Her challenge is also the attempt to break global barriers and approach social matters.

She hopes to create the works which speak by itself, share emotional and resonates with the soul.

 

 

She uses phone most of the time to make digital art.

In digital, her interest are mostly in the discovery, focus on surfaces, spaces, existance, and unknown. Having her kind of pictorial strategy that she created  by herself, she is now starting to see the world in differnt perspectives. "It's almost like working organically. "she says.

 She tries to push the boundaries between physical and digital production. 

She searches to explore the future, new forms and directions of Art in the next era.

 

 

She says when she paints, draws lines and makes flow, she makes the flow decisively, capturing the moment. 

" It express myself being there, just as it is. I need to move forward with strong heart, without any regret, and make the flow by myself

For me, my studio is like Dojyo.The Dojyo is a place for martial arts practice and training. A place to train the mind and body and aim for human formation .I create it with my mind and body together, no lies or cheats. Only life-sized me can be expressed on my flow. My mind and the way of my thinking is all reflected. I don't create when my mind is not clear and calm enough. I want to make better flow.I want to be stronger as a human and enhance humanity.

 

For me, in order to express and create my work, I value my mind and soul.

It’s not about the various siluette, images and shapes.

I create emotional space from my experiences and I have to closely observe the phenomenon that is happening in front of me, and have dialogue and conversations with it .

That is because there is always a complicated world and stories to it .

I need to have a conversation with it, and it should be a meaningful time .

 

 I think art is about touching people.  It's about going to your mind and a heart.  I believe there is no boundaries in this world and also no boundaries in art. 

I wish to create meaningful "Life Art" both in digital in physical.

 

                                                      241540406_4056000157855384_3336948982090614259_n.jpg

 

Masaは、デジタルとフィジカルで表現、作品を制作。

東洋思想を取り入れ、絵画、ドローイング、写真、3Dアプローチ、デジタルアート、手や体を使ったパーフォーマンスアートなど、幅広い学術的な実践・活動をおこなう芸術家です。 

 

フィジカル作品はアクリルとスプレー、自然の木や砂、布などに、エコのアクリルガラスやキャンバス等を使用。

描くのに手を使う事もあれば、体や、ブラシを使用することもあり、制作するものにより変えています。

 

日々の彼女の存在記録写真や人間記録写真をi phoneで撮り溜め、作品に使用。

それらを様々な素材と組み合わせ混ぜ、またブレンドしたりと、色々なミックスの仕方で斬新なデジタル、フィジカル・物理的作品に仕上げています。

 

 

最近は、オリジナルのデジタル方法で生み出した斬新なJ・Caliabstract、Sword action paintings J カリグラフィーアブストラクトや、

アクション、のペインティングに力を入れて制作をしています。

 

 

Masaは、東洋思想を取り入れ、人間性にフォーカスしています。また、彼女のチャレンジは、グローバルなバリアをなくし、社会へのアプローチをすることです。

 

彼女の作品自体が見ている方に話しかける・語りかけるもの、また、エモーショナルや魂に響くものの共有を目指しています。

 

 

 

デジタル制作は、現在、アイフォン中心でおこなっています。

デジタルアートの取り組みは、未知なる発見や、”存在”、表面、スペース、未知追求等を課題としています。

 彼女は、フィジカル/物理的な美術とデジタルアートの境界線を押し上げていきたいと言っています。

未来、次の時代の新しい美術の形・方向を模索しています。

 

 ”ライン、流れの制作は”精神、歴史的封建時代の日本で美徳だった、"潔さ”、断固とした落ち着きこそが大切と考え、その時”を捉え、決断をしていきます。

私自身の”その時”の存在を表現、心と体を一体にしおこなう制作は私自身をすべて映し出していくプロセスです。

前に進む。後ろは振り向かない。後悔をしない。

強いこころを持ち、”流れ”を自ら作っていくのです。

 私にとっては、制作する自分の美術のスタジオは、道場なんです。道場は武道の練習、訓練。

心身を鍛錬し人間形成を目指す場所。こころと体を一体にして作り上げる流れとリズム。

それには、うそやごまかしはきかない。自分の心に雑念があるときは作らない。また、等身大の自分しか表現できない。

 だからこそ、普段の自分のおこないや行動すべてが、反映してくると思っています。

流れの作り方をもっと研ぎすませていきたい。もっといいものにしたい。

人間としてももっと強くなりたいし、人間性をもっと高めたいと思っています。 

 

”自分で考えたデジタルの画像戦略的なアプローチを持ち、今、私は世界を違う視点で見るようになっています。

私のやり方は、デジタルで、”オーガニック”な制作をするようなものです。

今、自分がしていることを本当に楽しんでいます。

 

にとって表現をする・作品を作るという事は、心と魂を大切にする必要があります。

それは様々なシルエット、形やイメージをさしている訳ではなく、1番に私の経験から作られるエモーショナルなスペースを生み出す事が大切と考えています。

目の前で起きる、起こっているその現象を観察し、対話・会話をしなければいけないと思っているからです。なぜならばそこには常に複雑な世界、ストーリーが存在しているからです。

 自分にとっては会話をする、意味のある時間でなくてはいけないのです。”