Masa Hayami
LIFE ART

Statement

Multidisciplinary Artist
学術的美術家・アーティスト


digital art・painting・drawing・3D・
action/performance art

 

163996420_4015492271851179_1014636364710794091_n.jpg 164516232_4015492305184509_4941645761191239977_n.jpg

 

172474900_3638766732912064_3891834889426838125_n.jpg   170771921_3638766649578739_6557172779544489438_n.jpg

 Her works are in both in digital and in physical.

She has a vast multi-disaplinary practice encompassing painting, drawing, 3dimentional approach, digital art, and painting action /performance. In physical, she uses acrylics, aerosol, natural wood, sand and fabrics on acrylic glass and canvas, and so on. She uses hands ,body, brushes to paint. It depends on her work. She is currently working on "Sword "action paintings. She uses phone most of the time to make digital art.

In digital, her interest are mostly in the discovery, focus on "existance" and unknown.

 

She tries to push the boundaries between physical and digital production. She searches to explore new forms and directions of Art in the next era.

 

She says in physical work, when she paints lines and makes flow, she makes the flow decisively, capturing the moment. 

" It express myself being there, just as it is. I need to move forward with strong heart, without any regret, and make the flow by myself.

For me, my studio is like Dojyo.The Dojyo is a place for martial arts practice and training. A place to train the mind and body and aim for human formation .I create it with my mind and body together, no lies or cheats. Only life-sized me can be expressed on my flow. My mind and the way of my thinking is all reflected. I don't create when my mind is not clear and calm enough. I want to make better flow.I want to be stronger as a human and enhance humanity.

 I think art is about touching people.  It's about going to your mind and a heart. Western painting is about perspective on a flat surface but Japanese caligraphy itself is flat. I am interested in exploring the boundary between or trying to combine these together, to evolve progressivey and bring them in harmony. I believe there is no boundaries in this world and also no boundaries in art. I wish to create meaningful "Life Art" both in digital in physical, for the people on this earth."

 

Masaは、デジタルとフィジカルで表現、作品を制作。

絵画、ドローイング、3Dアプローチ、デジタルアート、手や体を使ったパーフォーマンスアートなど、幅広い学術的な実践・活動をおこなう芸術家です。

 

フィジカル作品はアクリルとスプレー、自然の木や砂、布などに、エコのアクリルガラスやキャンバス等を使用。

描くのに手を使う事もあれば、体や、ブラシを使用することもあり、制作するものにより変えています。

最近は、”刀”のアクションペインティングに力を入れて制作をしています。

 

デジタル制作は、現在、アイフォン中心でおこなっています。

デジタルアートの取り組みは、未知なる発見や、”存在”の追求等を課題としています。

 

彼女は、フィジカル/物理的な美術とデジタルアートの境界線を押し上げていきたいと言っています。

次の時代の新しい美術の形・方向を模索しています。

 

”フィジカル作品、ライン、流れの制作は精神、歴史的封建時代の日本で美徳だった、"潔さ”、断固とした落ち着きこそが大切と考え、その時”を捉え、決断をしていきます。

私自身の”その時”の存在を表現、心と体を一体にしおこなう制作は私自身をすべて映し出していくプロセスです

に進む。後ろは振り向かない。後悔をしない。

強いこころを持ち、”流れ”を自ら作っていくのです。

 私にとっては、制作する自分の美術のスタジオは、道場なんです。道場は武道の練習、訓練。

心身を鍛錬し人間形成を目指す場所。こころと体を一体にして作り上げる流れとリズム。

それには、うそやごまかしはきかない。自分の心に雑念があるときは作らない。また、等身大の自分しか表現できない。

 

 だからこそ、普段の自分のおこないや行動すべてが、反映してくると思っています。

流れの作り方をもっと研ぎすませていきたい。もっといいものにしたい。

人間としてももっと強くなりたいし、人間性をもっと高めたいと思っています。 

 

私は、アート・美術とは、”こころ”。こころに響くもの、感動を与えたり、気持ちが伝わるものだと思っています。

 

西洋の”絵画”とは、遠近法で平面に表現していくもので、日本の”習字”はフラットに平面に表現していくもの。

西洋と日本、この二つを調和させたり組み合わせる、またはそれらのボーダーラインを行き来することで、自分なりに進化させて

表現をしていきたい

 

 世界はボーダレス。アートもボーダレス、だと思う。

私は"Life Art"、"人生のアート"デジタルとフィジカルで、この地球の人々に作っていきたいと思う。"

と彼女は言う。