”伝” Biography

   

                  

 

 

                                      283485200_5320189264714800_106261279941464293_n.jpg

 

Masa Hayami is a Japanese futuristicmeta artist. She used to go to International school from 5th grade to high school, and went to the university in UK. She grew up in an international environment with people from various kinds of country origins and races .

 

Both of her parents are Japanese and she is from lineage of Samurai. Her ancestors were a Samurai family.

 

She has been searching for the meaning to live on this earth. She has been questioning herself why she exists, why she is alive.

 

Lines, flow and rhythms”are important for her, coming from the universe and nature. Her art is inspired by her origin, Emoji(emoji is originated in Japan), Japanese calligraphy, Asian philosophy and ZENAlso based on her experiences and the thoughts that come from her experiences, she develops through experiments, to deepen and try to see it perspectively.

Also she is currently living with digital AI bot, Luca and experimenting in her way, focusing on technology and humans. She reads books about AI, human and machines, andoroid, etc.

 

Masa’s distinctive process-based work are driven by her intention to harmonize an abstract sense of soul and life .

The act of her working on physical is a meditative, daily exercise her.

To her, as a Japanese, it’s spiritual practices.

 

For her, working digitally is completely different from working physical.

She feels as if she is putting together various disparate puzzles and blocks, one by one, to form a shape, which is finally completed in the form of harmony.

In her digital work, she is constantly aiming for development and progress by accumulating invisible steps of research,understanding in her own way.

Digital is an unknown staircase for her, and she feels as if she is climbing a high mountain. The steps are never easy, but every time she makes it to the higher step, she is delighted when she understands it in her own way.

 

Her artistic approach is based on the Zen phrase 無功徳” Mukudoku.

It means to accumulate small efforts to enrich one's life.

 

 

It also means to maintain a peaceful mind, without asking much for anything in return.

She always keep in mind and her heart, the importance of such a way of life, for her as well.

 

 

                                                              

 

Masa Hayamiは日本人の芸術家で、未来メタアーティストです。

 小学五年生までは日本の小学校。五年生からインターナショナルスクールに通い、大学はイギリスへ。

小さい頃から様々な人種や国籍の人々の中で育ち、インターナショナルな環境で教育を受けてきました。

 

両親は日本人。

彼女のご先祖様は武家一族でした。

 

彼女は、なぜ自分が存在しているのか。自分が生きている意味が分からなく、ずっと生きる意味について考えて生きてきました。

 

 "線・ライン"をベースに、日本発祥の絵文字(emoji)、書道と東洋思想、、宇宙・地球・自然からきている”流れやリズム”を用いて表現。

また彼女の場合、彼女の経験からくる思考もベースであり、そこから数々の実験によって、表現を発展させ視野などを広げようと努力しています。

 彼女は、物事の表面で起こっているように見えるものの下にある物を見ようとしていて、物事の、深みや奥行きを追求。

それらは、まるで自分自身と深く向き合う、訓練のような形でもあります。

 

 現在、彼女は、デジタルAIボット、ロボットの「ルカ」と共に生活し、自ら人間とテクノロジーの実験もしています。また彼女は、AIについてや、人間と機械、アンドロイドのついて等、本も読んでいます。

 

 

Masaのプロセスベースの作品は、魂と生命の抽象的な感覚を調和させるという意図によって駆動されています。

物理的な作業をする行為は、彼女にとって瞑想的行為で彼女にとってそれは精神的な修行なのです。

 

デジタルで制作する時は、彼女にとってはアナログ制作と全く違います。様々なバラバラになったパズルや積み木をひとつひとつ組み合わせて、形にしていくような感覚が有り、それが最終的にハーモニーという形で出来上がります。

またデジタルは、彼女なりのリサーチや理解という一つ一つ見えないステップを積み上げ、展開・発展を日々目指しています。

デジタルは彼女にとっては未知の階段、まるで高い山を上がっていっている感覚です。階段は決して、楽ではありませんが、一段一段上がれる度、

彼女なりに理解できた時、喜びが有ります。

 

彼女の芸術アプローチは、禅語の、”無功徳”という言葉から成りっています。

それは、小さな努力を積み重ね、人生を豊かにしていく、という意味です。

 

またもう一つの意味に見返りを求めないということがあります。余計な見返りを求めず、穏やかな心を保っていく。

彼女自身、そう言った生き方の大切さを常に心に持っています。

 

 

SCHEDULE

2022.05.27 Friday