Masa Hayami
LIFE ART



 

”実” Experiments on Visual harmony

Multidisciplinary Artist
Life Activist
学術的美術家・アーティスト
ライフアクティビスト





My digital approach is, I named it , "non-fiction" like living a life.
It is made up of dozens or hundreds of layers, photographs of the scenery, nature, and memories that we see in our life, and blending, mixing, and harmonizing, sometimes using my paintings as well.
My digital production isn't about drawing or painting by myself. 
It's about occurrences, happenings, and accidents.
My final digital work is "life" and "soul".
What you can see when my digital work is printed and incorporate it into a physical work using my digital method, is that if you keep looking at it, it may look like a part three-dimensional and or see what others don’t see. If you look continuously, you might see more .
This is a phenomenon which might not occur in digital works.
I call this "visual harmony".
I think that what you see and how you feel may differ depending on the person who is watching, perhaps the psychological situation at that time, and also could be related to that person’s experiences.
I would like to continue these pursuits and continue my own research and experiments.
So, if you can actually see my exhibitions, please take a look at it one by one slowly.
That is the way to view my physical works.
私のデジタルのアプローチは、人生を生きていく事のような”ノンフィクション”と呼んでいます。
何十、何百もの層、レイヤーや、生きている上で目にする景色や自然、記憶の写真等や、絵画ををブレンディング・混ぜ合わせていったり、調和させていく事等で出来上がります。
私のデジタル制作は、自身で描いていくというのではなく、ハーモニーやミックス、混ぜ合わせていく事。ハプニング、”アクシデント”の数々により、生まれるものなのです。
私の最終的なデジタル作品は、”命”であり、”魂”です。
私の生み出した、発明したデジタル制作の手法で、デジタルをプリントして物理的作品に落とし込んだ際、パッと作品を見て頂き、見えるもの。また、継続して見続けて頂く事により、見えてくる部分や、立体的に見える場合が有ります。これは、デジタル作品では起こらない現象です。
私はこれを、”ビジュアルハーモニー”と呼んでいます。
見ている方、それぞれのその時の心理状況や、経験値から、見えている物やその感覚が違ってもくるのでは、という風に思っています。これらの追求は継続して私なりに研究していきたい事でも有ります。今後も、実験を続けていきます。
もし、展示を実際見に行って頂ける方は、ぜひ一点ずつ、ゆっくりとご覧頂きたいです。
それが私の、物理的作品の見方です。