”情” News / Info

2021/12/15

ROLF BENZ closing charity party/total donation190,000 yen クロージングチャリティパーティ/19万円寄付

ROLF BENZ closing charity party/total donation190,000 yen クロージングチャリティパーティ/19万円寄付
258542328_4288127747975956_3823273092469742577_n.jpg
TheROLF BENZ closing charity party that Masa held was a great success with about 60 people coming.The total donation of charity was 190,000 yen. She donated to Human Rights Watch, a human rights group around the world.She would like to thank all those who supported.They invited limited invitations and held it as an infection control measure.
The surprise guest of the talk show was a famous designer in Japan,Don Konishi, a friend of Masa, who has lived a turbulent life and has been doing activities not only in fashion design but also in interior and corporate image consulting in recent years.There were also three models from the human record series, and Masa interviewed one of them, why he decided to participate on nude model and how he felt after his experience as a nude model .
260406284_4304722356316495_5360906086343097322_n.jpg
グローバルラグジュアリーインテリアブランド、ROLF BENZの11/19クロージングチャリティパーティは、コロナの中限定のご招待制でお呼びし、感染対策の中、開催させて頂きました。約60人近い沢山の方々にいらして頂き、大盛況に終わりました。チャリティは合計で19万円の寄付になりました。こちらを世界の人権団体、ヒューマンライツウォッチに今回寄付をさせて頂きました。ご参加、ご賛同・ご協力頂いた方々には感謝致します。
トークショーのサプライズゲストは、波瀾万丈の人生を送ってこられ、近年では、ファッションデザインにとどまらず、インテリアや企業のイメージコンサルティングにまで広がる活動をされている、Masaご友人のドン小西さん。ヒューマンレコードシリーズのモデルさん3人もいらしていて、お一人から急遽、どうしてヌードモデルをやってみようと思ったか、やってみてどうだったか等をインタビューさせて頂いたりしました。

2021/12/15

Statement for October physical exhibition in Tokyo /ROLF BENZ , SEIBU TOKYO 10月実際展示に出したステートメント

Statement for October physical exhibition in Tokyo /ROLF BENZ , SEIBU TOKYO
In our times, we are in an era where individuals can freely upload our information online. Looking at them may make you think you know that person, but I think that it is only the surface, superficial part. Humans are more complicated than that too .Also, numbers of “likes” and “followers”, are I think is not the right way to judge people, only by that, of course.
We are born naked in this world.
When a baby is born, it is first held by the mother. The baby is wrapped in a cloth, and the nurse may also let touch the skin of the baby to their mother.
We are born in the same way, regardless of environment, country, religion, or gender, and someday, we will die.
Human beings are born and grow up, we study a lot in our lives.Many failures and successes are repeated and we all experience a lot, in our lives.
I think that all the accumulation will be engraved on our human faces and bodies.
The human face and body are, to me, the very history of human beings.
My digital works are mixed and harmonized with hundreds of layers of photographs and paintings. In some cases, they are intentionally left as expressions, which remain as a form in the actual , but in most cases, they seem to remain as "existence".
The pandemic started last year, and I myself had a lot of things in my private life.
Living alone among various things. Despaired and overwhelmed by life,there was a time when I was about to give up on living in this world without hope.
Under such circumstances, last year, I sold my works a lot miraculously on online, one after another, continued to sell, and I received many commissions too. Hope arose while I was continuously making it and selling it without any break .
I believe that the “Art” has saved my life.
Art and the the people who purchased my art.
I would like to do my best from now on too so that I can do activities that I can return it in “Art”.
Since the beginning of this year, I have been able to repeat various experiments by incorporating digital, so I have hardly thought about exhibiting , selling online.
For that reason, there were no actual exhibitions or plans for a while, and this is the first exhibition in about two years.
I am very grateful to the people who has been involved and cooperated with me for these exhibitions.
No matter what happens, if we, human beings do not give up and have "hope", I think strongly now, that we can all move forward.
Masa Hayami October 2021
251374101_4684668928266840_5616347988471561613_n.jpg
258542328_4288127747975956_3823273092469742577_n.jpg ROLF BENZ  ロルフベンツ青山
252060129_4228144000640998_1111254005820816829_n.jpg SEIBU SHIBUYA TOKYO  西武渋谷
現代において私達は、オンラインで個人の発信が自由にできる時代です。
それらを見ていると色々分かった気になる事もありますが、それはあくまで表人の面的や入り口の部分だと思っています。
また、いいねやフォロワーは、人間を、人間そのものをもちろん判断するものではないと思っています。
私達は、裸でこの世に、産まれてきます。
赤ちゃんが産まれると1番に母に抱かれます。赤ちゃんは布で包まれていますが、看護師さんが赤ちゃんの肌と、お母さんの肌を触れ合うようにしてくださったりもします。
環境や国や、宗教、ジェンダーが違っても、私達は同じように産まれてきて、いずれかは死を迎えます。
人間は、産まれてから成長し色々勉強して。沢山の失敗や成功を繰り返し、経験し、皆、人生の積み重ねをしていく。その積み重ねや考え方は、私達人間の顔や体に刻まれていくと思っています。
人間の顔や体は、私にとって、目に見える、人間の歴史そのものです。
私のデジタルは、何百もの層の写真や絵画と混ぜ合わせていき、また調和させていく事で出来上がります。それらは、実際の作品となったものに形として残っている、意図的に表現として残す場合もありますが、ほとんどの場合は、”存在”として残っているような感じです。
去年パンデミックが始まり、私自身、プライベートで沢山色々ありました。色々ある中、1人でずっと暮らし、人生に絶望して打ちひしがれ、希望もなくなりこの世で生きていく事も、実は諦めかけている時期が有りました。
そのような中で、去年は奇跡的に作品がオンラインで次から次へと作れば売れ続けていきましたし、オーダーも沢山頂きました。無我夢中で制作しているうちに、希望が湧いてきました。 
私はアートや皆さまにに助けられ、芸術が私の命を繋いでくれたと、思っています。
私はそれをお返しできるような活動を、目指していきたいと思っています。
今年は、今年初めから、デジタルを取り入れて、様々な実験を繰り返しできたので、展示を考えたりオンライン販売もほとんどおこなってきませんでした。
そういった理由で実際展示も予定もしばらくなく、約2年ぶりの、今回、日本展示となります。
今回、ご縁をくださった皆様、ご協力頂きました皆様には大変感謝しています。
ありがとうございます。
何があっても、どのような事が起こっても諦めずに、”希望”だけは捨てないで。
そうすれば前へ進んでいく事ができるのではと、私は今、強く思っています。
Masa Hayami 10月 2021年 
1

SCHEDULE

2022.05.27 Friday