Masa Hayami
LIFE ART



 

”情” News / Info

Multidisciplinary Artist
Life Activist
学術的美術家・アーティスト
ライフアクティビスト





Exhibition in NY, at Van Der Plas Gallery 7/2-7/11  ニューヨークVan Der Plas ギャラリー展示7/2-7/11

2021 / 06 / 25  16:05
 Exhibition in NY, at Van Der Plas Gallery 7/2-7/11  ニューヨークVan Der Plas ギャラリー展示7/2-7/11

 

Participating group exhibition in NY, at Van Der Plas Gallery 7/2-7/11 

 

 

Van Der Plas Gallery is a contemporary NYC art gallery located on the Lower East Side of Manhattan specializing in Outsider and Street Art.

With an emphasis on contemporary figuration and abstraction, the gallery represents artists whose work is born of an authentic vision.

This Orchard Street gallery has the inside track to 1980’s New York Street Art like no other in downtown New York City.

In recent years, most of the real innovators and outdoor conceptual mavericks of the 1980’s street art movement have begun to cluster around this exhibition space. Adriaan Van der Plas has brought much of the lost history of street art during the 1980’s East Village art scene back to life via the walls of his gallery in group and solo exhibition settings.

Van Der Plas represents artists such as Jean Michel Basquiat’s partner in graffiti, Al Diaz; 1980’s outdoor spray-paint installation artist and street art curator, Scot Borofsky; notorious downtown art-world scamp and Van Gogh of the East Village, Kevin Wendal aka “FA-Q” (1956-2011); subway-card collagist and artista de la calle Carlos Pintos; graffiti/street art/fine art fusionist, Will Power. The gallery has also occasionally exhibited work by the actual inventor of street art, Richard Hambleton (1952-2017); 1980’s sign-pole artist, Bob Dombrowski; hammer and chisel carver of sidewalks, Ken Hiratsuka; and “COP-SHOT-DREAMS” street collagist, Steve Hagglund, along with early N.Y. Graffiti writers and artists from the “Rivington School”.Other gallery artists include Argentinian art brute/neoexpressionist, Alejandro Caiazza, and the ever quirky and autobiographical Canadian multi-medium artist, Jason Mclean.

 

 

 

 

●ニューヨークVan Der Plas ギャラリー展示7/2-7/11

Van Der Plas Galleryは、マンハッタンのローワーイーストサイドにある現代的なニューヨークのアートギャラリーで、アウトサイダーとストリートアートを専門としています。現代的な造形と抽象化に重点を置いたギャラリーは、本物のビジョンから生まれた作品のアーティストを表しています。
このオーチャードストリートのギャラリーには、ニューヨーク市のダウンタウンで他に類を見ない1980年代のニューヨークストリートアートへのインサイドトラックがあります。近年、1980年代のストリートアートムーブメントの真のイノベーターと屋外のコンセプチュアルマーベリックスのほとんどが、この展示スペースの周りに集まり始めています。 Adriaan Van der Plasは、1980年代のイーストビレッジのアートシーンで失われたストリートアートの歴史の多くを、グループ展や個展の舞台で彼のギャラリーの壁を介して蘇らせました。


Van Der Plasは、Jean MichelBasquiatのグラフィティパートナーであるAlDiazなどのアーティストを代表しています。

1980年代の屋外スプレーペイントインスタレーションアーティスト兼ストリートアートキュレーター、スコットボロフスキー。 悪名高いダウンタウンのアートワールドの野営地とイーストビレッジのゴッホ、ケビンウェンダル別名「FA-Q」(1956-2011)。 地下鉄カードの共同制作者であり、カルロス・ピントスの芸術家。 グラフィティ/ストリートアート/ファインアートフュージョニスト、ウィルパワー。 ギャラリーでは、ストリートアートの実際の発明者であるリチャードハンブルトン(1952-2017)の作品も時折展示されています。 1980年代のサインポールアーティスト、ボブドンブロウスキー。 歩道のハンマーとノミの彫刻家、平塚健。 「COP-SHOT-DREAMS」ストリートコラボリストのSteveHagglundと、初期のNYグラフィティライターや「RivingtonSchool」のアーティスト。他のギャラリーアーティストには、アルゼンチンのアートブルート/ネオエクスプレッションリスト、Alejandro Caiazza、そしてこれまでにない風変わりで自伝的なカナダのマルチ -ミディアムアーティスト、ジェイソンマクリーン。
オーストリア出身のアドリアンファンデルプラスは、1986年にグラマシーパークに最初のギャラリーをオープンしました。1992年にサウスストリートシーポートにギャラリー「アドリアン」をオープンし、2013年に現在の場所に移転しました。 マンハッタンのローワーイーストサイドにあるヴァンデルプラスは、ソーホー、チャイナタウン、リトルイタリー、テネメントミュージアムやニューミュージアムなどの重要な文化施設まで徒歩圏内です。

New series “Life to Life” 新シリーズ”命と命”をリリース

2021 / 06 / 25  15:43

“Life to Life 命と命”

 

 

The new series I started working on is “Life to Life”.
The word “挨拶 “ is a Zen word meaning greeting. It has the meaning of approaching/pushing and it means cutting into the other person's heart. When thinking and answering Zen questions, the teacher tries to draw out the teachings of Zen, the person who listens to the disciples with all his might.Such exchange of “life to life “was the original meaning of greetings.
Today, it's ceremonial, but it originally appeals to the other person with all their heart, even in the plain words of good morning and hello.
Greetings are words of prayer that try to bring out the humanity of the other person with all one's heart in words.



私が新しく取り掛かかっているシリーズタイトルは 、“Life to Life”命と命。
挨拶という言葉は禅の言葉。挨には押す拶には迫るという意味があり、相手の心の中に切り込むという事。
考えはかることを商量と言い、禅問答をする時に師は弟子たちに向かって力をはかって聴く人、禅の教えを引き出そうとする。
そうした”命と命のやりとり”が本来の挨拶の意味だった。
今ではそれが儀礼的なものになっているけれど、おはようやこんにちはという何げない言葉の中にも、心を込めて相手に何かを訴えていきたいという思いがある。
挨拶とは何でもない言葉の中に心を込めて相手の人間性を引き出していこうとする祈りの言葉。

6/21/2021


201998385_4279842772082793_1775772379558755102_n (1).jpg
人生は今の瞬間に見つかる  “Life is found in the present moment”

1