Masa Hayami
LIFE ART



 

”生” Digital / Non fiction approach

Multidisciplinary Artist
学術的美術家・アーティスト





 

 I grew up in analog environmnet and I am actually an analog person. My daughter is still very young and she’s digital native. She used to play with my phone when she was a baby.Sad, but since I can't live with her now, we sometimes check each other's activities and have communications on SNS and now I realized that the digital became something which makes me feel so warm and connected.
However, digital is expressed by whether or not it exists clearly on the pixel or not . Since there is no middle ground, I've always thought that there was something missing. 
My approach is how to take a digital approach from "living" perspective.I named it, "生” non-fiction approach, focusing on light and layers.

In digital, my interest are mostly in the discovery, focus on surfaces, spaces, existance, and unknown. Having kind of pictorial strategy that I created  by myself, I am now starting to see the world in differnt perspectives, and it's almost like working organically.

For me, in order to express and create my work, I value my mind and soul. It’s not about the various siluette, images and shapes.

I create emotional space from my experiences and I have to closely observe the phenomenon that is happening in front of me, and have dialogue and conversations with it . That is because there is always a complicated world and stories to it .

I need to have a conversation with it, and it should be a meaningful time .

 私はアナログで育ちましたし、アナログな人間です。
娘はまだ小さくて、赤ちゃんの頃から携帯をいじっていた超デジタルネイティブです。
寂しいですが、今、一緒に暮らせていないので、連絡手段やお互いの活動をSNS、デジタルで確認し合う事もあり、デジタルは私にとっていつの間にか、とてもあたたかさを感じる繋がりを持てる物になりました。
ただデジタルはピクセル上ではっきりとした形で、存在するかしないかで表現されます。中間がない為、足りていない部分が普段から有ると
思っていました。血が通っているような”生きる”視点でいかにデジタルアプローチができるか、というのは私の取り組みです。

現在の私のデジタルアプローチ”を、
"生” ノンフィクションと名付けました。光や層に視点を置いています。

今、自分で考えたデジタルの画像戦略的なアプローチを持ち、私は世界を違う視点で見るようになっています。

私のやり方は、デジタルで、”オーガニック”な制作をするようなものです。今の制作を本当に楽しみながら、おこなっています。

にとって表現をする・作品を作るという事は、心と魂を大切にする必要があります。

それは様々なシルエット、形やイメージをさしている訳ではなく、1番に私の経験から作られるエモーショナルなスペースを生み出す事が大切と考えています。

目の前で起きる、起こっているその現象を観察し、対話・会話をしなければいけないと思っているからです。なぜならばそこには常に複雑な世界、ストーリーが存在しているからです。自分にとっては会話をする、意味のある時間でなくてはいけないのです。